高校 Feed

2017年5月27日 (土)

ホロコースト記念館 英語ガイド 研修

福山市御幸町にあるホロコースト記念館での英語ガイドに、2年生~5年生が挑戦しました。

最初に、館長の大塚信(おおつか まこと)氏のお話を聞き、平和と、それを心から伝えることの大切さを考えました。

その後、本校放送部が作成した記念館についての映像に合わせて、代表生徒が英語でその概要を解説しました。

今後さらに世界に発信していくために、大塚氏が世界各国から集めれらた記念館の展示物についても、英語で説明できるように練習していきます。

Img_5272Cimg1744

Cimg1762Img_5282

2017年5月26日 (金)

【4年生】面談の様子

高校生になって初めての中間試験が終わりました。

現在、中間試験の結果と4月に受けた模試の結果を受けての二者面談の真最中です。

生活面や学習面、今後の進路についてじっくり話をしました。

何を学ぶのか、どのような職業に就きたいのか、自分と向き合い進路を切り拓いていきましょう。

Sdscf8271

Sdscf8286

2017年5月25日 (木)

中学福山地区総体・高校広島県総体にむけて

放課後は、6月3日・4日を中心に行われる中学福山地区総体・高校広島県総体にむけて、練習に励んでいます。あと10日あまり、試合本番に備えて万全の準備をしていきます。

Cimg0137

Cimg0138

2017年5月23日 (火)

1学期中間試験一斉返却 & 壮行式・マナーアップ集会

 今日は中間試験の答案一斉返却日でした。

朝のホームルームで成績個人票を受け取り、努力した結果が出せて喜びの表情をする生徒や、「もう少しできたはず……」と悔しさを隠せない生徒まで、その様々な表情がありました。

試験の結果をもとに、24日から29日まで担任面談が行われます。

期末試験まであっという間です。

結果に一喜一憂するだけでなく、次を見据えた学習を始めていきましょう。

 

試験返却後は、全校生徒が集い、「壮行式・マナーアップ集会」が開かれました。

中高クラブの代表者が中心となり、学校生活を送るにあたってのマナーを、心を込めて話してくれました。 e-スマイル宣言にあるように、ルール・マナーを守って、みんなが気持ちよく過ごせる学校を、共ににつくっていきましょう。

そして今週末からはじまる県総体!自分の力を最大限発揮してください!

1 2

3

4_2

2017年5月22日 (月)

【5年生】香川大学連携講座が開催されました

例年、盈進高校では、5年生(高校2年生)の理系選択者を対象に、香川大学工学部 富永浩之先生に高大連携講座として、様々な内容で講義およびワークショップを行って頂いています。

今年度は、情報数学の概要の説明とともに、「フェルミ推定」等の実習を行いました。

「フェルミ推定」は昨今の就職時面接などでも使われるなど、生徒一人一人の論理的思考力、問題解決能力の開発・育成にも貢献すると思われます。

5~6名のグル―プで取り組み,それぞれのグループで活発な議論が行われていました。

また、本校卒業生で現在富永研究室所属のK君も富永先生のサポートとして参加してくれました。

本講座は年2回開催予定です。次回は7月10日に実施されます。

Dscf8021Dscf8002_3

Dscf8038Dscf8030

 

 

 

 

2017年5月19日 (金)

【4年生】授業の様子

高校生になって初めての定期試験である中間試験が昨日で終わりました。

今日から通常授業に戻ります。

「授業こそ基本」!

どのクラスでも、集中して学習に取り組んでいます。

Sdscf7887

Sdscf7912

Sdscf7897

Sdscf7904

2017年5月13日 (土)

参観授業が行われました

本日、1時間目に参観授業を行いました。

中学校は、仲間と楽しく学び合う授業が多く見られ、高校では受験を控えた6年生をはじめ、生徒達の真剣に難しい問題にチャレンジする姿がありました。

参観授業の後は、PTA総会と学級懇談会が行われ、保護者のみなさまに、学校での様子や進路について説明する場を設けました。

また各ご家庭での様子を伺う貴重な機会となりました。

参加していただいた保護者のみなさま、誠にありがとうございました。

1sp5136608

2sp5136752

3sp5136765

4sp5136808

5sp5136853

6sdscf7706

7simg_5054

8simg_5065

9simg_5107

10simg_5134

11simg_5260

12simg_5326

2017年5月11日 (木)

5月11日 思いを寄せる日

Simg_0566

Simg_0575

Simg_0581

Img_0733

盈進の毎月11日は「被災者に思いを寄せる日」。

生徒たちは2011年11月11日から、こうして立ち続けています。東日本大震災でご家族を亡くされた方々にとって、毎月11日は「月命日」です。

「今日で震災から6年2ヶ月。広島市大規模土砂災害から2年9カ月。改めて被災者に思いを寄せましょう。」

新緑の心地よい朝、盈進坂を登校してくる全校生徒に呼びかけました。

5月も中旬に入ります。震災から6年経った今も約12万3000人が全都道府県に散らばって避難し、仮設住宅で暮らしている人は約3万4000人おられるそうです。復興住宅の建設や宅地造成の遅れ、原発事故の影響などで避難生活は更に長期化する見込みだと新聞にもありました。

今、自分達が生活できている環境、仲間と共に過ごせる日々、そして支えてくれている家族、こうしたことがどれだけ大切でありがたいことかを実感しつつ、本日も元気に過ごします。「忘れない。寄り添い続けること」日々の生活でも実践していきます。

2017年5月10日 (水)

ユース非核特使、ウィーンから帰国

Img_0432

Img_0477

Img_0486

Img_0511

5月2日から、広島市(広島平和文化センター)の力強いサポートで、外務省「ユース非核特使」としてウィーン国連事務局に派遣されていた5年(高校2年)後藤泉稀さん、高橋悠太君が9日19:00前、広島空港に到着しました。二人は、次のようにお礼を述べました。

「貴重な経験の場を与えてくださった広島平和文化センター(小溝泰義理事長)はじめ、派遣を支えてくださったすべてのみなさんに感謝します。広島・長崎の被爆者の方々、および、彼らと共に平和を希求し連帯してこられた多くの市民の方々の歴史の上に今回の派遣があることを忘れず、これからもこの経験を生かして、努力します。」

小溝理事長先生からは、「よき未来にするか、そうではない未来にするか、それは、君たち、わたしたちにかかっている。自分が幸せであれば、他者も幸せにすることができる。人類の多様性を認め合い、これからも共に、よき未来の創造のために努力しよう」と、お言葉をいただきました。

盈進学園といたしましても、広島市、広島平和文化センター、外務省、引率のオサラバン先生、ともにウィーンで学び、活動した広島女学院高校、沖縄尚学高校、修道高校の仲間、教職員、保護者、関係者のみなさまに心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

2017年5月 9日 (火)

1学期中間試験まであと1週間

P5011245

P5011239

GW連休前の5月1日(月)に立てた学習計画表を元に中間試験に向けて学習しています。学習計画表は自分の目標点、具体的に自分がすることが一目でわかるようになっています。中には予定通り行かなかった分を取り組む「調整日」を設けるなど、それぞれが工夫を凝らしています。

また、放課後は分からないところを先生たちに聞きに来ている生徒を色んな場所で見かけました。中間試験まであと1週間。こつこつ努力しましょう。