出来事 Feed

2018年12月21日 (金)

受納式・終業式が行われました

12月20日(木)は2学期終業日でした。

受納式が行われ、優秀な成績を納めたクラブ、個人をたたえました。

終業式の後、各学年に分かれての集会や大掃除を行いました。

3学期も元気に登校してくれるのを楽しみにしています。

Sdsc_0860

Sdsc_0883

Sdsc_0889

Sdsc_0899

2018年12月19日 (水)

【2年生】オリンピック教室開講

2年生を対象にオリンピック教室が各クラス2時間(実技1、座学1)で行われました。講師は、オリンピアの中村麻衣先生(シンクロナイズドスイミング)と木田知宏先生(射撃)でした。

実技では、グループで8の字跳び(長縄)などを行い、途中で作戦を練る時間を経て回数を競いました。

座学では、オリンピックの意義である

「excellence」エクセレンス(卓越)・・・ベストを尽くす、一生懸命頑張る

「friendship」フレンドシップ(友情)・・・仲間と協力、

「respect」リスペクト(敬意・尊重)・・・フェアプレー、感謝

をキーワードに学校生活や行事とからませながら、前向きに楽しい人生を送ってほしいという内容でした。

生徒もいつも以上に真剣に耳を傾け、グループで討論し、発表していました。

Dsc_0096

Dsc_0106

Dsc_0108

Dsc_0109

Dsc_0113

Dsc_0117

2018年12月12日 (水)

【1年生】ことばに磨きをかけて~1年生の取り組み~

1年生は国語科・読書科で学んだことを生かし、いくつかの文芸賞にチャレンジしました。

秋以降受賞の嬉しいお知らせがたくさん届きましたので以下にご紹介します。

1年生は、自分の思いを自分のことばで書いて伝える活動をこれからも継続していきます。

 

(1)けんみん文化祭ひろしま’18 文芸祭「俳句」部門

   入選 1年C組 桒原陸玖 「方程式 数字で埋もれた 夏休み」

 

(2)第22回「俳句の里」山梨県笛吹市全国小中学生俳句会

   (670校 44585句の中から選ばれた13作品の1句)

 特選 1年C組 樋口空翔 「プチトマト 情熱の赤 一年生」

 

(3)第17回 木下夕爾賞 中学生の部

   (郷土の詩人木下夕爾をたたえた作詩コンテスト。1184点の中から第2位)

   優秀 1年B組 若林玄壮 「赤色の自転車」

 

(4)第23回 広島修道大学 作文コンテスト

   (テーマ「ここから踏み出す一歩」。中学生の部528編中第2位)

優秀賞 1年C組 池田暁彦 「父の願いは僕の夢」

 

(5)「赤い鳥」感想文コンクール 中学生以上・一般の部

   (児童雑誌「赤い鳥」創刊100年記念 全国116編から選ばれた14作品の1つ)

佳作  1年C組 羽原亜胡 「一房の葡萄」

 

(6)第18回中国新聞「みんなの新聞コンクール」新聞感想文の部

   (2309作品 中学生847作品中 特別賞5作品 入賞15作品 佳作42作品のうち)

入賞  1年C組 内海茉奈花 「盲導犬の大切さ」

     1年C組 高橋 瑠衣 「幸せや笑顔を増やすために」

佳作  1年C組 土屋 颯磨 「ホットスポット」

     1年C組 土肥 優花 「みんなのために」

     1年C組 長井 悠悟 「次は僕達がなくす番」

     1年C組 平島 知紘 「褒める授業でみんなが楽しい」

S

S_2

S_3

S_4

S_5

S_6

2018年11月30日 (金)

創立記念式典が行われました

11月30日(金)は創立記念式典を行いました。創立以来114年、2万人の先輩方が盈進学園で学んできました。学園の創設者である藤井曹太郎先生のご苦労に対し感謝の意を表すとともに、学園関係者、同窓会関係者、PTA関係者、全校生徒、そして地域の方々とお祝いをしました。

盈進学園に在籍している私たちにとって、長い歴史と伝統を守り、新たな歴史を創るための意義深い1日となりました。

式典の内容は①理事長挨拶②優秀生徒表彰③同窓会会長祝辞④中高生徒会長挨拶⑤校長挨拶⑥校歌斉唱⑦野球部によるエールでした。

Img_4102

Img_4127

Img_4132

Img_4140

Img_4144

Img_4152

2018年11月20日 (火)

「第11期 核廃絶! ヒロシマ・中高生による署名キャンペーン」福山街頭署名

11月17日(土) 午後より福山駅前周辺で核廃絶の署名活動を行いました。

「核廃絶の署名にご協力ください」「こんにちは」の生徒の声に耳を傾けてくださる方が多くいました。また、署名したあと「がんばってね」と声をかけ、立ち去られる方も多く、生徒たちは自然と笑顔になっていました。

 また、署名してくれた小学生が「どうやったら、戦争がなくなるの」と尋ねるとていねいに応えていた生徒たち。地道な活動ですが、確実に、人の心に訴えることができていると感じました。風も冷たくなり、マフラーを巻いた生徒も人のぬくもりを感じる時間を過ごせたように思います。署名してくださった方、ご協力いただいた全ての方々に、心より感謝いたします。

Img_0770

Img_0786

Img_0789

Img_0817

2018年11月 9日 (金)

11月9日 「思いを寄せる」日

「おはようございます。311日を忘れない。今日で東日本大震災から78ヶ月。820日を忘れない。今日で広島市大規模土砂災害から43ヶ月。西日本豪雨、台風21号、北海道地震でも大きな被害が出ています。みなさん、今日も被災地に思いを寄せましょう」。少し肌寒い日が続いていましたが、今朝は、昨夜の雨もあり暖かめの朝でした。明後日11日は、この活動「思いを寄せる日」が始まってちょうど7年目を迎えます。今日も仲間と共に学校に集い、学べることに感謝して、一日を大切に過ごします。

Simg_0563

Simg_0568

2018年10月22日 (月)

廿日市市大野 人権講演会

1021日(日)、廿日市市大野地区で「人権講演会」が開かれ、「私たちの東日本大震災被災者交流活動、核廃絶署名活動、ハンセン病問題から学ぶ」をテーマに、ヒューマンライツ部が担当させていただきました。

午前は大野福祉保健センターにて、午後は大野東市民センターにて行いました。

みなさん、熱心に聞いてくださいました。

貴重な学習の場を提供してくださいました大野の町のみなさまに心から感謝申し上げます。

Simg_0228

Simg_0285

Simg_0292

Simg_0425

Simg_0622_2

Simg_0859

Simg_1005

Simg_9924

2018年10月11日 (木)

雨の日も「思いを寄せる」日

「おはようございます。311日を忘れない。今日で東日本大震災から77ヶ月。820日を忘れない。今日で広島市大規模土砂災害から42ヶ月。西日本豪雨、台風21号、北海道地震でも大きな被害が出ています。みなさん、今日も被災地に思いを寄せましょう」。来月11日は、この活動「思いを寄せる日」が始まってちょうど7年目を迎えます。

Simg_9707

Simg_9713

2018年10月 2日 (火)

誇れよ盈進の収録に行ってきました

毎月、第4週の月曜日の朝、FMふくやまにて放送している『誇れよ盈進』の収録に行ってきました。

今月の出演は1年生の3人が、11月17日(土)に開催される、「盈進中学校入試対策講座」について、自分自身の体験をもとに、PRをしてくれました。

放送は10月22日(月)7時40分すぎに放送されます。

Img_5547

Img_5551

2018年9月28日 (金)

【6年生】広島県独唱コンクール最優秀賞受賞

6Dの清水夕くんが第三十三回広島県独唱コンクールにおいて最優秀賞を受賞しました。

これまで清水くんは放課後の時間を使い、声楽の練習に励んできました。

その努力が実り、今回広島県で見事優勝を果たしました。

優勝の結果、1019日から大分県で行われる『瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール』に広島県代表として出場することが決定しました。

出場にあたり、「三位以内に入賞したい」という熱い意気込みを聞かせてくれました。

彼の持ち味である表現力を生かし、歌声をホールいっぱいに響き渡らせてくれることを期待しています。

S6nenimg_2616

S6nenimg_2620