出来事 Feed

2019年3月 1日 (金)

2018年度(第114回)高校卒業式

3月1日(金)、第114回盈進高等学校卒業式が行われ、306名の生徒が卒業の日を迎えました。

学校長より代表生徒へ卒業証書が手渡された後、6年間、3年間皆勤の生徒、全国大会などで活躍した生徒の表彰が行われました。

学校長、理事長より祝辞が送られ、同窓会会長、PTA会長からもお祝いの言葉をいただきました。

最後に代表生徒4名が、学校生活を振り返り、仲間や家族への感謝の気持ち、将来への希望を語りました。

卒業式が終わると、後輩たちが作る花道を通り、最後のLHRに向かいます。

LHRでは一人ひとり卒業証書を受け取り、想いを語りました。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

これからの人生に幸あらんことを教職員一同心からお祈り申し上げます。

Dsc_0115

Dsc_0021

Dsc_0031

Dsc_0119

Dsc_0039

Dsc_0064

Dsc_0087

Dsc_0124

Dsc_0154

Dsc_0167

Dsc_0172

Dsc_0197

Dsc_0205

Dsc_0211

Dsc_0289

Dsc_0394

Dsc_0443

Dsc_0463

Dsc_0482

Dsc_0575

Dsc_0580

Dsc_0594

Dsc_0603

Dsc_0614

Dsc_0652

Dsc_0668

Dsc_0679

Dsc_0684

Dsc_0700

Dsc_0705

Dsc_0711

Dsc_0728

Dsc_0731

Dsc_0753

Dsc_0760

Dsc_0774

Dsc_0776

Dsc_0785

Dsc_0797

Dsc_0808

Dsc_0818

Dsc_0851

Dsc_0852

Dsc_0868

Dsc_0875

Dsc_0878

Dsc_0889

Dsc_0892

Dsc_0898

Dsc_0902

Dsc_0908

Dsc_0909

2019年2月21日 (木)

韓国姉妹校「五山高校」来校!

2月21日、韓国の姉妹校である五山高校から校長先生をはじめ3名の先生と32名の生徒が盈進を訪問してくださいました。

 

五山高校はソウル中心部にある男子高校で、盈進学園とは1992年に姉妹校締結して以来、25年以上のお付き合いとなります。

 

現在でも毎年訪問してくださり、また盈進からも国際理解FW韓国コースでは五山高校を訪問しています。

 

今日は歓迎式典の後、4年生はクラスごとの交流を行いました。日本の伝統文化体験や広島名物のお好み焼きづくりなど、どのクラスもとても盛り上がっていました。

 

クラス交流のあとは、韓国訪問生徒を中心に、交流会を行いました。五山高校の生徒の明るさに助けられて会話も弾み、最後はすっかり打ち解けていました。

 

これからも末永く交流を続けていきます。

Dsc_0957

Dsc05997Dscf3565

Dscf3579

Dscf3440

Dscf3460

Dscf3504

Dscf3591

Dscf3638

Dscf3646

Dscf3663

Dscf3620

2019年2月18日 (月)

【2年生】バレンタインデー

2年A組の槙原ななかさんの詩が第71回鈴木三重吉賞「優秀賞」に選ばれました。この賞は広島市出身の児童文学作家、鈴木三重吉にちなんで中国地方の小中学生を対象に作文と詩を募る中国新聞社主催の文芸賞です。応募総数11309点(詩は5086点)の中から選ばれ、中国新聞にも掲載されました。2月14日に読みたい心温まる作品です。

P2140013

「バレンタインデー」   槙原ななか

私はチョコレート   スーパーの店先に置かれています   

ある日女の子が私を買いました   目が覚めると私の形が変わっています   

どうやら溶かされたようです   女の子は私を溶かすと型に流し込みました   

そして私は冷蔵庫へ

また眠ってしまったようです   目を覚ますとビスケットがくっついています

彼女は難しい顔をしながら   私にお化粧をしています

ココアパウダーの良いかおりが広がります

どうやら新しい私が完成したようです

彼女は可愛い袋にそっと私を入れました   そしてていねいにリボンで包みました

今度は笑顔で何かを書いています   誰へのメッセージでしょうか

私をかばんに入れると彼女は家を出ました

私はいろいろな人の元へ届けられました   男の子にも、女の子にも

彼女の手から離れるとき   ほんのちょっぴり

彼女の気持ちが分かる気がしました

どうかこの気持ちが伝わりますように

私は今   彼女の大切な人たちの手の中にあります

私は忘れません   彼女の気持ちを、そして

私を受け取った人たちのとびきりの笑顔を

今日はバレンタインデー

【2年生】新生徒会長・副会長決定

2019年度の新しい生徒会長に内海太陽くんが、2年副会長に槙原ななかさんが、1年副会長に坂本菜摘さんが決まりました。13日には、1~3年生の前で所信表明を行いました。今後、3人で新執行部を組閣していきます。

2年生もいよいよ中学校の最上級生になります。生徒会活動で、クラブで、普段の生活で、後輩を引っ張っていける存在になっていきます。

1dsc01675

2dsc01669

3dsc01651

4dsc01684

2019年2月12日 (火)

三次市の人権集会で発表

210日(日)、三次市で人権集会が開かれ、「私たちの東日本大震災被災者交流活動、核廃絶署名活動、ハンセン病問題から学ぶ」をテーマに、ヒューマンライツ部18人が午後の講演を担当させていただきました。午前は関西大学の宮前千雅子先生の被差別部落に関する人権問題を中心とした講座を聴いて勉強しました。会場約100人のみなさんが本当に熱心に聞いてくださいました。惜しみない拍手を何度もいただきました。貴重な学習の場を提供してくださいました主催者の(広島県)県職連合北部解放研のみなさま、関係者のすべてのみなさまに心より感謝申し上げます。

Simg_8392

Simg_8506

Simg_8677

Simg_8707

Simg_8851

Simg_8970

Simg_9131

Simg_9257

2019年2月 9日 (土)

中学校新入生ガイダンスが行われました

2月9日(土)に中学校新入生ガイダンスが行われ、来年度盈進中学校に入学する小学校6年生が参加しました。

校長、中学校生徒会長から挨拶があった後、中学校生活や春休みの課題についての説明がありました。

その後は制服やシューズなどの物品購入をしていただきました。

4月から始まる盈進での中学校生活を楽しみに、残りの小学校生活を大切に過ごしてくださいね。

Img_2682

Img_2683

2019年2月 8日 (金)

2月8日 「思いを寄せる」日

「おはようございます。311日を忘れない。今日で東日本大震災から711ヶ月。820日を忘れない。今日で広島市大規模土砂災害から46ヶ月。西日本豪雨、台風21号、北海道地震でも大きな被害が出ています。みなさん、今日も被災地に思いを寄せましょう」。2月に入りました。来週は11日が建国記念日のため、今朝、校門に立ち、登校する生徒へ呼びかけました。西日本豪雨発生から7カ月が経過した今も、多くの問題があります。「また災害に襲われたら」という恐怖心、そして生活に欠かせないスーパーの撤退などで、倉敷市の真備町(まびちょう)地区では豪雨前に比べ約2千人、広島県呉市も約1500人が転出したとの記事が新聞に掲載されていました。「正しきを知り、正しく行動する」今日も仲間と共に多くを学べることに感謝です。

01

03

2019年2月 5日 (火)

第39回千田学区マラソン大会

2月3日(日)に、地元千田学区のマラソン大会が行われました。

盈進からは中学高校陸上部・高校硬式野球部が参加しました。

沿道では熱い声援、多くの地域の方に支えられて走りきることができました。

走り終わった後、美味しい豚汁をいただきました。地元の方と交流が深まった1日となりました。

Photo

Photo_4

Photo_5

Photo_6

2019年1月28日 (月)

【1・3年生】読書科特別講義

1月28日(月)の7時間目に、元プロ野球審判員・前日本野球機構(NPB)審判技術指導員の山崎夏生様をお迎えし、「一途一心に歩む」と題し、中学1・3年生対象に講演をしていただきました。

読書科では、中学3年次に自分でテーマを決めて修了論文を書く取り組みを行っています。

3年C組 丹羽 弘基くんが「野球の審判」について論文を書いたことをきっかけに、今回の講演が実現しました。

「プレイボール!」の大きな掛け声から始まり、プロ野球の審判を目指すにあたってどのように努力してきたか、プロの審判になってからの苦労話など、貴重なお話を聞かせていただきました。

『人生の扉は自動扉ではない。ただ待っていても扉は開かない。自分の力でこじ開けるしかない。』という言葉が非常に印象に残りました。

山崎夏生様、本日は本当にありがとうございました。

1dsc_1135_2

2dsc_1140_2

3dsc_1153

4dsc_1154

5dsc_1159

6dsc_1165

2019年1月26日 (土)

Eishin ホンモノ講座 2018 Vol.3開催!

1月26日(土)、ホンモノ講座が行われました。

本校OBで広島東洋カープなどで活躍した江草仁貴先輩をお招きし、「一生懸命 〜燃やせ! 盈進スピリット!〜」と題して講演をしていただきました。

本校中学1・2年生と一般参加の方、合わせて323人が貴重なお話を聞きました。

15年のプロ人生の中でどのようなことを考え、努力してきたか、学生時代も含めてお話をしてくださいました。

質問コーナーでは、ピンチのときの切り替えの仕方、プロになるために行った努力、勉強とクラブの両立など、たくさんの質問にお答えいただき、充実した時間となりました。

江草仁貴先生、本日は本当にありがとうございました。 

Img_7390

Simg_7402_3

Sdsc_0964

Sdsc_0990

Sdsc_1073

Sdsc_1008

Sdsc_1042

Sdsc_1016

Sdsc_1082

Sdsc_1106

Sdsc_1118

Sdsc_1120