6年生 Feed

2017年9月11日 (月)

9月11日 思いを寄せる日

盈進の毎月11日は「被災者に思いを寄せる日」。

東日本大震災でご家族を亡くされた方々にとって、毎月11日は「月命日」です。生徒たちは2011年11月11日から、こうして立ち続けています。

9月も中旬。朝夕涼しくなり、随分と過ごしやすくなりました。今日は9・11。アメリカ同時多発テロから16年目を迎えます。当時、世界貿易センタービルにいて亡くなられたとされる2753人のうち、身元が確認されたのは1641人。約4割にあたる1112人がいまだに確認されていないそうです。月日がどれだけ流れても、犠牲者の悲しみは変わりません。

「今日で震災から6年半。広島市大規模土砂災害から3年1カ月。改めて被災者に思いを寄せましょう。」

世界各地で起きている紛争・災害… 自分達にできることは何か… 考えつつ、登校してくる全校生徒に呼びかけました。

Img_1399

Img_1402

Simg_9389_2

Simg_9408_2

 

2017年9月 5日 (火)

感謝祭まであと26日!

感謝祭全校集会リハーサルが行われました。

明日は、クラス・クラブ・委員会から概要の説明が行われます。

各代表者は、緊張しながらも自らの言葉でリハーサルに臨んでいました。

盈進生一人一人が、来校するお客様を全力でおもてなしします。

Sp1070182_2

Sp1070185

Sp1070188

2017年9月 1日 (金)

プロジェクトC!

今日は月に一度のプロジェクトCの日です。

放課後に有志の生徒が集まって、校内外の清掃をしました。

それぞれほうきと雑巾を持ち、丁寧に掃除を行いました。

明日は高校オープンスクールです。クラブ生も協力して準備をしてくれました。

事前申し込みをされていない方もお越しいただけます!

たくさんのご参加お待ちしております!!

Sdscf9874

Sdscf9882

Sdscf9891

Sdscf9894

Sdscf9900

Sdscf9868

Sdscf9870

Sdscf9897_2

Sdscf9861

Sdscf9896

 

2017年8月25日 (金)

2学期が始まりました

長い夏休みが明け、本日始業式が行われました。

生徒のみなさんは夏休みを有意義に過ごせたでしょうか。2学期も気を引き締めていきましょう!

 

Sdscf9739

Sdscf9740

始業式の後は各学年に分かれて集会を行い、5年生は生徒会長と副会長の元気な挨拶から始まりました。今学期は「あいさつ・号令の徹底」「積極的な進路設定」「謙虚・素直であること」などを目標に日々の活動に取り組んでまいります!

Sdscf9742

Sdscf9744

Sdscf9746

Sdscf9749

2学期は本校最大のイベント「盈進感謝祭」も開催されます。日頃の感謝を込めて精一杯おもてなし致します。是非ご来校下さい!

 

2017年8月 3日 (木)

九州豪雨災害募金報告

7月5日からの九州北部を中心とした豪雨災害について、生徒会の呼びかけを受けて盈進全体で募金活動を行ってきました。また、生徒会とヒューマンライツ部が中心となり、7月18日に福山駅前で街頭募金活動を行いました。さらには、三者懇談の際に募金のご協力もあり、これまで集まったものを合計して、募金金額は総額44万791円となりました。ご協力ありがとうございました。

本日、盈進を代表して生徒会長の池田風雅君が校長先生と社会福祉協議会に行き、全額を無事届けました。今回集めた義援金は、日本赤十字社を通して被災地に届けられます。

ご協力くださったすべての方に心からお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

Img_9909

Img_9913

Img_9917

Photo_5

2017年8月 2日 (水)

7月29日(土)・30日(日) 第10期「核廃絶!ヒロシマ・中高生による署名キャンペーン」広島での街頭署名を行いました

8月6日、原爆の日を迎える1週間前、ヒロシマの地で署名活動を行いました。

29日(土)は午前中に平和祈念公園へ着き、碑めぐりとリニューアルされた資料館を見た後、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館を訪れ、被爆証言を読みました。午後より広島女学院での組織会を経て、パルコ前、原爆ドーム前、元安橋の3か所に別れての署名活動を行いました。本校参加者は22名、広島女学院、修道、城北、文教の生徒約70名と共に、酷暑の中、ヒロシマの地で海外から訪れた方たちにも署名を呼びかけました。

30日(日)の結団式には、松井広島市長、広島平和文化センター小溝理事長も出席され、一筆を重ねることが、世界を動かす大きな力になると激励の言葉を頂きました

本校生徒会長・第10期署名実行委員長の池田風雅君は署名に向けての決意表明を学校代表として行い、「被爆者の声を聞ける最後の世代として、被爆者の思いを受け継ぎ、自分達がつないでいく。」と力強く語りました。前日の署名中に、偶然、切明(きりあけ)千枝子さん(被爆時は、県立広島第二高等女学校4年生。本校生徒とはこれまでにも被爆証言を聞き、交流を持ってきています。)と出会った生徒もおり、切明さんからも「若い人々がこんなにも暑い中、必死に取りくんでくれている姿がなによりもうれしい」とお声掛け頂きました。2日間で行った活動を通じて集まった署名は約3,000筆。8月4日より再度、ヒロシマの地で核廃絶を訴え続けます。8月6日は平和祈念式典にも出席し、翌8月7日は広島女学院でのPeace Forumに参加し、他校の生徒と共に、自分達ができる持続可能なアクションプランを立て、ヒロシマの地から世界へ平和をつないでいきます。

今期で10期を迎える署名活動、これまでもそしてこれからもこうした活動を支えて下さる全ての方々に心より感謝致します。

 

以下、RCCでの放送および中国新聞での記事にも取り上げられています。

 

http://news.rcc.jp/?i=28190 (RCC 放送分)

http://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=361473&comment_sub_id=0&category_id=797 (中国新聞 掲載分)

Img_0810

Img_0827

Img_0846

Img_0861

Img_0863

Img_0898

Img_1011

Img_1068

Img_1122

Img_1239

2017年7月21日 (金)

福山街頭署名活動

7月18日(火)「核廃絶!ヒロシマ・中高生による署名キャンペーン」の福山街頭署名活動(今期3回目)・九州北部豪雨 被災地 募金活動 を行いました。

1学期の終業式を終え、午後2時より今期3度目の福山市街頭署名を行いました。参加者は生徒会、ヒューマンライツ部および有志を含めて約30人。

時折、ふりつける一時的な大雨にもめげず、駅前を通り行く全ての方々に署名を呼びかけました。

また今回は九州北部豪雨の被災者を支援する募金活動も行い、署名活動後、約1時間程度、募金箱を手に、「支援をお願いします」と呼びかけました。

平日でもあり、人通りが多いわけではありませんでしたが、足を止めて下さり、署名、募金にご協力頂きましたこと、心より感謝致します。

募金は校内で呼びかけた義援金と共に、社会福祉協議会を通じて被災地へ届けます。

福山市での街頭署名は722日(土)にも実施し、夏の広島での署名活動(72930日、84日~7日)へとつないでいきます。

Dscf9324

Dscf9337

Dscf9347

Dscf9359

Dscf9375

Dscf9376

2017年7月18日 (火)

終業式が行われました

今日は、1学期終業式が行われました。

菅校長より、しっかりと基礎学力を身に付けることの大切さについて話がありました。また、社会のルールやマナーを守り、盈進生としての自覚と誇りを持って夏休みの生活を送ることの必要性について話されました。

午後からは、「心肺蘇生法」の講習会が行われました。

福山北消防署の方に来ていただき、クラスやクラブの代表者、先生方も人工呼吸やAEDの使い方を学びました。

保健の授業で習った!と言っていた生徒も、「結構疲れる」「息を入れるのが難しい」など、人形に対して実際にやってみることで、いろいろな発見があったようです。

暑い日が続き、熱中症にも十分に注意をしなければいけません。今日の講習がいつ役立つかはわかりませんが、その「いつか」の時のために、今後もしっかり学んでいかなければいけませんね。

S_mg_6163

S_mg_6180

S_mg_6187

Img_0741

2017年7月14日 (金)

核廃絶プレゼンテーション

7月7日(金)7時間目、生徒による核廃絶署名を呼びかける全校集会が開かれました。

このプレゼンテーションを通して、多くの生徒に核廃絶に対する関心をもってもらうため、ヒューマンライツ部の生徒たちは懸命に声を張って訴えていました。

これをきっかけに、核廃絶に対する意識を向上させることができればと思います。

なお、7月18(火)・7月22(土)は、福山で署名活動があります。

8月4(金)~8月7(月)までは、広島にて署名活動を行います。ご協力の方よろしくお願いいたします。

Photo

Photo_2

Photo_3

Dscf9108

2017年7月11日 (火)

思いを寄せる日

きょう11日。東日本大震災から64ヶ月。毎月11日は、被災者の方々にとっては「月命日」。きょうも被災地の墓地には供養花などが手向けられます。復興庁が把握する避難者は93千人。「忘れない」という誰にもできる取り組み。

きょう、生徒たちは、「九州北部豪雨災害の被災者の方々にも思いを寄せましょう」と声を出していました。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

01

02