中学校 運動部 Feed

2024年5月24日 (金)

【軟式野球】第41回 福山ヤンキース球団 親善交流戦

5月19日(日)に,第41回 福山ヤンキース球団 親善交流戦に参加することができました。試合は,4チーム(一回戦 至誠クラブ 対 神辺東ベースボールクラブ,広島サンズ 対 盈進中学校)のトーナメント戦で行われました。一回戦,サヨナラ勝ちも,トーナメント決勝戦で惜しくも0対1で敗戦。二連勝はできませんでしたが,クラブチームとの試合で勝利,接戦ができ春季総体に向けて良い経験ができました。

このような機会を与えてくださった主催者の福山ヤンキース球団,球場運営・審判をしてくださった皆様への感謝の想いを胸に,春季総体で「県大会出場」という目標達成ができるよう日々努力・日々成長していきます。

 

【一回戦】 場所:豊松村広場

1 2 3 4 5 6  計

広島サンズ 0 1 0 0 1 0  2

盈   進 2 0 0 0 0 1× 3

※大会規定により6回タイムアップで試合終了

 

 投手:佐藤→藤本→佐藤-捕手:牧本

 

 

【決勝戦】 場所:豊松村広場

1 2 3 4 5 6 計

盈   進 0 0 0 0 0 0 0 

神  辺  東 0 0 1 0 0 × 1

※大会規定により6回タイムアップで試合終了

 

投手:牧本-捕手:廣川

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

2024年5月 2日 (木)

【高校剣道】第70回中国高等学校剣道選手権大会広島県予選会 結果

4月20日(土)・21日(日)にエフピコアリーナふくやまにおいて『第70回中国高等学校剣道選手権大会広島県予選会』が行われました。結果をご報告いたします。

 

◇女子団体3位 ※中国大会出場決定

◇男子団体ベスト16

◇女子個人

 森永和可奈(6G)3位  ※中国大会出場決定

 田村愛理(4E)ベスト8 ※中国大会出場決定

 佐藤美咲(6F)ベスト32 ※中国大会出場決定

 森本千晴(4B) 二回戦敗退

 髙橋朱里(4D)二回戦敗退

◇男子個人

 會田弥来(6B)ベスト16 ※中国大会出場決定

 髙橋勇也(6A)ベスト32 ※中国大会出場決定

 和田統弥(5G)二回戦敗退

 

以上の結果より、個人5名と女子団体において、6月に鳥取で行われる中国大会への出場が決まりました。

今年度最初の公式戦ということもあり緊張感のある試合内容でしたが、選手は仲間とともに、この冬場に取り組んだ成果を発揮しようと最後まで全力で戦い抜きました。また、福山開催ということもあり、多くのOBOGが応援に駆けつけてくださり、沢山の声援をうけ勇気をいただき試合に臨むことができました。

 

ご声援いただきありがとうございました。

Img_4175

Img_4177

Img_4281

Img_4282

【高校剣道】福山春季総体 結果

4月27日(土)広島県立神辺高等学校において『福山地区高等学校春季総合体育大会剣道競技』が行われました。結果をご報告いたします。

 

■団体の部

◇女子団体 優勝

◇男子団体 3位

■個人の部 ※入賞のみ

◇女子個人

 森永和可奈(6G)優勝

 佐藤美咲(6F)3位

 田村愛理(4E)3位

◇男子個人

 會田弥来(6B)優勝

 

部員たちは最後の1秒まで諦めず戦い抜き力を出し切りました。「打って反省、打たれて感謝」の言葉の通り、今大会で見えた課題を今後も克服していきます。

6月の県総体まで1か月。対話を増やし、目標を共有し合い、日々の稽古の質を高め、キャプテンを中心に仲間とともに切磋琢磨していきます。

ご声援いただきありがとうございました。

Img_4183

Img_4280

2024年2月 1日 (木)

【高校剣道】東部地区高等学校剣道大会

1月28日(日)ピースリーホームバンブー総合公園体育館において、東部地区(福山・三次・尾三)剣道大会が行われ部員全員で挑戦してきました。

以下、結果を報告いたします。

 

□団体戦

 女子団体:優勝

 男子団体:予選リーグ敗退

 

□個人戦

女子個人

 佐藤美咲(5年):準優勝

 森永和可奈(5年):ベスト8

 

男子個人

 會田弥来(5年):3位

 髙橋勇也(5年):3位

 和田統弥(4年):初戦敗退

 

部員は最後の1分1秒まで集中し、仲間とともに戦いぬきました。負けに不思議な負けはなく、結果を受け止め、自分自身や仲間の課題や原因を見出し、対話を通して、今後とも精進と努力を積み重ねてまいります。

ご声援ありがとうございました。

Img_3869

Img_3874

2024年1月 9日 (火)

第15回 中島杯親睦中学校野球大会 三年連続優勝 達成

部訓:野球が人を創る

 

目標:春季総体で県大会出場を目指し,一戦一戦仲間と共に全力を尽くす

 

部員:12名(二年生7名,※一年生6名) 

※1名はクラブチームと兼部

 

1月7日(日)福山市民球場で,第15回 中島杯親睦中学校野球大会が開催されました。招待された福山市立東中学校,福山市立中学校,福山市立精華中学校・鞆の浦学園・向丘中学校(合同チーム)の4チームでのトーナメント戦。二年連続,優勝チームとして迎えた本大会。二連勝で,三連連続優勝を決まることができました。

12月から取り組んでいる冬場のトレーニングの成果がでた大会でした。「仲間と共に,自分で考え,自分で行動」した結果だと感動しています。また,高校生の姿をみながら練習できることにも有難いと感じています。試合にでている9名以外の3名も常に,ボールボーイやランナーコーチなど全力で自らの役割を果たしてくれました。このチームはさらに必ず強くなると実感しています。

今大会を主催してくださる方々への感謝とともに,大会創設にご尽力いただいた故 近藤先生へのご冥福をお祈りいたします。

 

【一回戦】 場所:場所:福山市民球場

                          計

盈     進   2 11 5 18

精華・鞆・向丘  1  2 1 4

※大会規定により,3回コールド勝ち

 

 投手:藤本(2年)→橋本(2年)→捕手:牧本(2年) 

 

 二塁打:牧本

 

【決勝戦】 場所:福山市民球場

盈 進  2 4 0 1 0 2 9

東 中  0 0 2 0 0 0 2

※大会規定(時間制限)により6回で終了

 

 投手:佐藤(2年)-捕手:牧本

 

 本塁打:山岡(2年)【満塁】

 二塁打:牧本・佐藤

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15

Photo_16







2024年1月 5日 (金)

【バドミントン部】初打ち会(OB会)

1月3日(水)にバドミントン部初打ち会を4年ぶりに開催することができ、現役生を含め総勢70名以上の参加がありました。OBOGの方も久しぶりの再会で話が盛り上がったり、現役生と楽しくシャトルを打ち合ったりと、楽しい会となりました。また、盈進学園同窓会の方からお心遣いをいただき、OBOGの方からはシャトルや差し入れをいただきました。今後の部活動に活用させていただきます。本当にありがとうございました。1月には中学生は広島県大会、高校生は中国大会に出場します。いい報告ができるよう部員一同練習に励んでまいります。

Img_5368

Img_5365

Img_5363

Img_5362

2023年11月15日 (水)

【軟式野球】(2023年)第17回 ツネイシホールディングス旗野球大会 一回戦敗退

部訓:野球が人を創る

 

目標:仲間とともに,自分で考え,自分でプレーした結果,ゲームセットの瞬間に1点以上リードして終える。

→その先に,春季総体 県大会出場(福山地区ベスト3以上)を目指す。

 

部員:13名(二年生7名,一年生6名) 

 

11月11日(土)ツネイシホールディングス旗野球大会がみろくの里ツネイシフィールド(球場)で開催されました。クラブチーム2チーム,中体連チーム6チーム(昨年今大会 優勝の松永中,準優勝の大門中,ベスト4の近大中,・精華中,地元参加の想青学園,そして盈進)の8チームで開催された大会。新たに一年生1名が加わり,二・一年生の12名(一年生1名はクラブチームで参加)で全力を尽くしましたが,一回戦敗退となりました。

大会を開催していただき,準備から当日の運営に関わって下さった方々,野球教室を行っていただいたツネイシブルーパイレーツの選手に心より感謝申し上げます。

この経験を糧に,冬の練習に励み,来春 県大会出場を目指し,日々努力日々成長していきます。

 

中学校野球部顧問 一同

 

11月11日(土)

【一回戦】

至誠クラブ 013 12 計7

盈   進 001 00 計1

※大会規定により5回でタイムアップ

 

投手:佐藤(2年)-捕手:牧本(2年)

1117

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

2023年11月10日 (金)

【高校バドミントン部】広島県高等学校新人バドミントン大会学校対抗戦/女子準優勝・男子ベスト8

11月4日(土)・5日(日)に、チャレンジこざかなくんアリーナ・三原リージョンプラザで行われた、広島県高等学校新人バドミントン大会学校対抗戦の結果を報告します。

 

◆学校対抗戦 

男子結果  ベスト8
2回戦 府中東高校    3ー1 
3回戦 大門高校     3ー1 
4回戦 誠之館高校    3ー1 
5回戦 福山工業高校   1ー3 

女子結果  準優勝
2回戦 呉宮原高校    3ー0 
3回戦 広大附属福山高校 3ー0 
4回戦 広陵高校     3ー1
5回戦 国際学院高校   3ー1
準決勝 高陽高校     3ー1
決勝 安田女子高校    1ー3

 

男子は広島県大会にもかかわらず全て福山地区の学校同士の対戦となりました。勝った試合のスコアは全て3ー1ですが、1マッチ1マッチは接戦で緊迫した雰囲気の中、元気と粘りのプレーで、選手たちは勝ち切ってくれました。9月の福山地区大会からわずか1ヶ月の間で、選手たちは急成長しており、素晴らしいプレーがたくさん見られました。

女子も1試合1試合の中で成長した姿を見せてくれました。試合が進むたびに競る試合も増えましたが、チーム全員で元気に声を出し、お互いを鼓舞し合いました。決勝戦も臆することなく勝利目指して戦い、負けはしましたが手応えを感じることができました。お陰様で高校女子としては創部以来初、1月の中国大会に出場します。

多くの保護者やOBの方にも2日間に渡り応援いただきました。ありがとうございました。

Img_4522

Img_4523

Img_4528

Img_4517

2023年10月27日 (金)

【軟式野球】第18回 福山北部野球団交流野球新人大会

部訓:野球が人を創る

 

目標:仲間とともに,自分で考え,自分でプレーした結果,ゲームセットの瞬間に1点以上リードして終える。

→その先に,春季総体 県大会出場(福山地区ベスト3以上)を目指す。

 

部員:17名(三年生※5名,二年生7名,一年生※5名) 

※三年生1名は放送部と兼部,あと1名はクラブチームと兼部。一年生1名はクラブチームと兼部。

 

10月22日(日),神辺町民グラウンドで,第18回 福山北部野球団交流野球新人大会が4チーム(福山北部野球団・さとやまシニア・神辺西中学校)のトーナメント戦で開催されました。

 

トーナメント初戦は,さとやまシニアとの対戦。先発投手 牧本(2年)が不運なヒットなどから初回に三失点,5回裏に追加点を奪われ合計 四失点。攻撃では渡辺(2年)のシンブルヒットと佐藤(2年)のホームランの2安打で一得点に抑えられ,1対4で初戦敗退。

 

トーナメント初戦敗退チーム同士の二試合目は,神辺西中学校と対戦。先発投手 佐藤が5回を1四球8奪三振,無安打に抑え,無失点。打線も6番髙橋(2年)のライト前ヒットから,後続が四死球でつなぎ,1番佐藤,二番山岡(2年)の連続タイムリーヒットなどで4点を奪うなど,合計 8得点で5回8対0 コールド勝ち。一勝一敗で終える。

 

クラブチームの大会に参加できることで,成長できていると感じています。大会を運営してくださった福山北部野球団の関係者の皆様,審判団の方々に感謝いたしております。この感謝の思いを胸に,引き続き日々努力,日々成長してまいります。

 

盈進中学校野球部一同

 

10月22日(日)

場所:神辺町民グラウンド

 

【トーナメント初戦】

 盈     進 000 001 0  計1

 さとやまシニア 300 010 × 計4

 

 投手:牧本-捕手:渡辺

 

 本塁打:佐藤(6回表)

 

【トーナメント三位決定戦】

 神辺西 000 00  計0

 盈 進 041 3×  計8

 ※大会規定により5回7点差コールド以上で勝ち。

 

 投手:佐藤-捕手:牧本

    ※5回参考で佐藤は無安打無得点

 

 三塁打:佐藤(4回裏)

 

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

_

__2

2023年10月15日 (日)

【軟式野球】第2回 さとやまシニア交流野球新人大会 1敗1勝

10月9日(月・祝),庄原市高野スポーツ広場で,第2回 さとやまシニア交流野球新人大会が本校とクラブチーム3チーム(広島スターズ・福山北部野球団・因島野球クラブ)のトーナメント戦で開催されました。二・一年生の10名(一年生2名欠席)で全力を尽くしました。

 

トーナメント初戦は広島スターズとの対戦。先発投手 佐藤(2年)が被安打3,三失点(自責点一点)でしのぐも,攻撃では三番バッター 山岡(2年)と八番バッター 田中(1年)の散発2安打で無失点に押さえられ, 0対3で初戦敗退。

 

トーナメント初戦敗退チーム同士の二試合目は,因島野球クラブと対戦。先発投手 橋本(2年)が2回表の相手チーム攻撃で,ワンアウト2・1塁のピンチ。二番手 牧本(2年)が後続を断ち,無失点で切り抜ける。その後も,フォアボールでランナーを出すも,ノーヒットで抑え無失点。

攻撃は,一番 佐藤の先頭打者ホームランや二番 藤本(2年)のスリーランホームラン,三番 牧本のタイムリーなどで7点を奪い,7対0 五回コールド勝ちで勝利。一勝一敗,トーナメント三位で終える。

 

10月9日(月・祝)

場所:庄原市高野スポーツ広場

 

【トーナメント初戦】

 広島スターズ 100 000 2 計3

 盈    進 000 000 0 計0

 

 投手:佐藤-捕手:牧本

 

【トーナメント三位決定戦】

 因島野球クラブ 000 00  計0

 盈     進 140 11× 計7

 ※大会規定により5回7点差コールド勝ち。

 

 

 投手:橋本(1回1/3),牧本(3回2/3)-捕手:牧本,渡辺(2B)

 

 本塁打:佐藤(1回裏 攻撃),藤本(2回裏 攻撃)

 

第2回を迎える「さとやまシニア交流野球新人大会」に,今回から参加させていただき有難うございます。さらに,球場運営携わってくださったさとやまシニアの関係者,審判団のみなさまにも心より感謝いたしております。この感謝の想いを胸に,目標達成に向けて「仲間と共に,自ら考え,自ら行動」し,日々努力・日々成長していきます。

 

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4