« 2020年1月 | メイン

2020年2月

2020年2月20日 (木)

【放送部】と【ヒューマンライツ部】 人権シンポジウムで活動

29日(日)、広島市の国際会議場(於:フェニックスフォール)で「ハンセン病問題に関するシンポジウム~人権フォーラム2020in広島」(主催:厚労省、広島県)が開かれ、放送部の金田いつきさんが総合司会を務め、ヒューマンライツ部員とOG25人が、会場約500人を前に、プレゼンテーションを行いました。OGで早稲田大学1年の後藤泉稀さんはパネルディスカッションの最後に、「差別・偏見をなくすために私たち市民が連帯しましょう」と会場に呼びかけ、大きな拍手に包まれました。

共に活動した「HIV人権ネットワーク沖縄」の仲間たち、関係者のすべてのみなさまに心より感謝申し上げます。(なお「HIV人権ネットワーク沖縄」の仲間たちとは、8日に松山で、11日に鹿児島(肝付)でもいっしょに活動しました)

Simg_5355

Simg_5479

Simg_5551

Simg_5648

Simg_5687

Simg_5745

Simg_5789

Simg_5813

Simg_5857

Simg_5871

Simg_5921

Simg_6587

【ヒューマンライツ部】 福岡県筑紫地区の人権集会で発表

125日(土)、福岡県春日市(於:クローバープラザ)で人権集会が開かれ、ヒューマンライツ部員6人が、会場約1000人を前に、被災者交流、核廃絶署名活動、ハンセン病問題学習、地域ボランティア(ホロコースト記念館ガイド案内含む)等々を報告しました。参加者のみなさんが熱心に聞いてくださり、また、いっしょに手話をして下さり、惜しみない拍手を何度もいただきました。貴重な学習の場を提供してくださいました主催者の筑紫地区人権同和教育研究大会のみなさまはじめ、関係者のすべてのみなさまに心より感謝申し上げます。

Simg_3278

Simg_3317

Simg_3334

Simg_3346

Simg_3365

Simg_3409

Simg_3420

Simg_3453

2020年2月10日 (月)

【高校バドミントン部】第1回広島県高等学校バドミントン学年別大会/3位入賞

2月8日(土)に男子はびんご運動公園、女子は安佐南区スポーツセンターで「第1回広島県高等学校バドミントン学年別大会」が行われました。

【入賞】

第3位 槇原彩優・濱田想

 

日々の練習の結果がこのような形で表れ、大変嬉しく思います。

4月の春季福山地区大会に向け、精進してまいります。

Img2845

Img2852

2020年2月 5日 (水)

【高校サッカー部】FFA コメンシップ2020

 2月1日(土)に福山サッカー協会主催の「FFA コメンシップ2020」が開催されました。コメンシップとは、この一年サッカー競技において活躍した選手を表彰する会です。本校の山本一星君(高3)が表彰されました。山本君は、福山地区春季総合体育大会優勝に貢献しました。またキャプテンとして約70名もの部員を引っ張ってくれました。

 これから次のステージに進みますが、持ち前の真面目さ・勤勉さで活躍してくれることを信じています。

Img_0235

Img_0236

2020年2月 4日 (火)

【放送部】中国大会 結果

2月2~3日の二日間、島根県で中国地区高校放送コンテストが開催されました。

結果を報告いたします。


アナウンス部門 準優勝 金田いつき(4B)


アナウンス部門では、与えられた時間内に作成した原稿を発表します。

審査では、発声・滑舌・イントネーションの正確さには加え、この原稿作成能力が求められる、非常にレベルが高いコンテストとなっています。


金田さんは中学校から放送部に入部し、原稿作成能力・表現力を磨いてきました。

いまでは、全校集会をはじめとして、ほとんどの行事で司会を担ってくれています。


今後も全国大会出場を目指して、練習や番組制作に励んでいくと力強く語ってくれました。

Img_4402

2020年2月 3日 (月)

【高校剣道】福山冬季大会 結果報告

21日(土)福山葦陽高校体育館にて『福山地区冬季剣道大会』が行われました。

結果は以下の通りです。

 

≪結果≫ ※入賞のみ

◆男子団体

Aチーム(安井・村上・佐藤):優勝

◆女子団体

Aチーム(田村・松葉・ 堀 ):優勝

Bチーム(民宅・前場・森永):2位

Cチーム(上岡・金髙):3位

◆男子個人

・安井一希(5年):2位

・佐藤文哉(4年):3位

◆女子個人

・堀 美桜(4年):優勝

・田村優夏(5年):2位

・松葉ちひろ(5年):3位

・前場 悠(5年):3位

 

寒さ厳しい一日でしたが、目標をもち最後まで全力で挑戦することができました。そして6年生が補助員という立場で運営に携わり、これまでの恩返しとして大会をサポートしてくれました。また多くの保護者の方が会場に足をはこんでくださり、ご声援をいただきました。多くの方々に支えられ、自分たちが活動できていること、その環境があることを忘れず、感謝の心をもって今後とも精進していきます。

ご声援いただきありがとうございました。

S1

S2

S3

S4