2017年8月17日 (木)

【高校剣道部】インターハイ結果報告

89日~12日に宮城県仙台市で行われた「平成29年度全国高等学校総合体育大会剣道大会(於:カメイアリーナ仙台)」に岡本尚也くん(5年)が男子個人の部に出場しました。

結果は初戦敗退でしたが、5年生でインターハイという全国の舞台に挑戦できたことはとても貴重な経験であり、今後に繋がるものとなりました。

決して一人では立つことはできなかった全国の舞台。本当にたくさんの方々の力があってのことと感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

今後は来る11月に行われる全国選抜予選(兼新人大会)にむけ、部訓である“三倍努力”を胸に、部員一丸となって一日一日を精進していきます。

「意志あるものに道はある」常に目標にむかい、当たり前のことに感謝し、剣道を通して、学校生活を通して、実学の体得を目指していきます。

ご声援いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

1

2

3

S4

2017年8月 8日 (火)

【美術部】「キッズゲルニカ」の制作

美術部は8月1日(火)~4日(金)、創作室を専用アトリエにして「キッズゲルニカ」を制作しました。

「キッズゲルニカ」とはピカソが80年前、無防備のスペインの都市「ゲルニカ」への無差別爆撃に抗議して描いた作品と同じサイズのキャンバス(縦4m、横8m)にいまなお戦争・紛争の絶えない世界にむかって1995年より始まった「子どもによる絵画制作」を通して平和へのメッセージを描くという国際プロジェクトです。

中高の美術部員全員にアイデアスケッチを描いてもらいリーダー会で検討した結果、4A土井七穂さんのアイデアが採用されました。

中高合同の制作作業で部員間のコミュニケーションもはかられ、感謝祭への気運を盛り上げていくことができました。感謝祭では第2体育館ステージに展示される「2017キッズゲルニカ」 と書道部との合同展覧会”秋の盈華展”を是非、ご鑑賞ください。

P8023567

P8033584

P8043588

P8043605

 

2017年7月31日 (月)

【音楽部】STORE HOUSE14に出演しました

7月29日(土)にSTORE HOUSE14に出演しました。

音楽部は17時からのオープニングを務めさせていただきました。

心配していた雨もなく、たくさんの方に演奏を届けることができました。ありがとうございました。

広島県東部地区中学校吹奏楽祭り、広島県吹奏楽コンクールに向けて、一層努力していきます。

Sdsc_0711

Sdsc_0716

Sdsc_0720

Sdsc_0726

Sdsc_0740

Sdsc_0743

【放送部】NHK杯高校放送コンテスト全国大会に出場しました

7月25日から27日にかけて東京渋谷NHKホール他で行われた「第64回NHK杯全国高校放送コンテスト・テレビドキュメント部門」に放送部が出場しました。今回は高校生にとって身近なプリントをテーマに作品を制作しました。残念ながら受賞はなりませんでしたが、全国から集まった多くの高校生に作品を見てもらうことができました。制作にあたりご協力いただいた方々に、感謝いたします。ありがとうございました。

Ncm_0050

Hosobu1

2017年7月28日 (金)

【中学校剣道部】広島県中学校選手権大会

 7月16日(日)に府中ウッドアリーナにおいて行われました「第47回広島県中学校剣道選手権大会」へ出場しました。この大会は「中国大会」「全国大会」へつながる大会で、部員一同「全国大会出場」を目標にこれまで取り組んできました。

 大会は本校3年生の田村優夏さんによる選手宣誓により試合が開始しました。

 試合では男女とも「盈進剣道部」らしく懸命に一本を追う姿がありました。また、仲間を信じ必死に応援する姿がありました。女子団体では創部初となる決勝戦へ出場しましたが、惜しくも敗退となり全国大会への切符をつかむことはできませんでした。しかし、仲間ともに取り組んできたことは全員が表現できました。

 全国大会出場という夢は叶いませんでしたが、この大会を通してまた一段と大きく成長できましたし、部員全員の心に残る大会となりました。

 夢は次年度以降に持ち越されましたが、今後も剣道を通して学ぶ姿勢を大切にし、仲間とともに切磋琢磨します。

 「盈進剣道部」の挑戦は続きます。

☆結果

■男子団体:ベスト8

■女子団体:準優勝(創部初)   ※中国大会出場

■男子個人

村上勝亮:ベスト16/ 杉原陸:二回戦敗退/佐藤文哉:ベスト16

■女子個人

田村優夏:ベスト8 ※中国大会出場/民宅晴海:ベスト16/ 松葉ちひろ:初戦敗退/小畠千園:初戦敗退

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

 

☆大会情報

 8月9日(水):第33回中国中学校剣道選手権大会/岡山市総合文化体育館

 8月10日(木):福山市秋季総合体育大会/本校第一体育館

2017年7月25日 (火)

【音楽部】ALOHA FUKUYAMA 2017に出演しました

7月22日(土)に、アイネスフクヤマで行われたハワイアンイベント「ALOHA FUKUYAMA 2017」に音楽部が出演しました。

ハワイにちなんだ曲にもチャレンジし、たくさんの方に演奏を楽しんでいただくことができました。

ありがとうございました。

S20170722_160937606

S20170722_160937606_2

S20170722_160215105

S20170722_155946019

来週7月29日(土)は福山卸センターで行われる「STORE HOUSE14」に出演します。

本番は17時からです。

楽しんでいただけるように精一杯演奏します!

2017年7月20日 (木)

【高校剣道部】全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会 結果報告

7月15日に日本武道館にて『全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会』が行われ、本校から藤原果歩さん(6年)が広島県代表として出場しました。

本大会は高校生から一般の方の5名でチームが構成され、高校生は先鋒となります。

年齢ごとに都道府県を代表する選手が集結した女性剣士のみのハイレベルな全国大会です。

結果は以下の通りです。

《結果》

一回戦 広島県3○-●1富山県

二回戦 広島県2○-●1兵庫県

三回戦 広島県1●-○1(代)千葉県

藤原:3戦全勝

広島県:ベスト16

広島県に良い流れを作るため、全国の舞台で物怖じすることなく、思いきった試合を展開しました。

後ろに控えていた先輩方がとても心強く、彼女らしさを引き出して下さりました。

この場をお借りし、諸先輩方・先生方ありがとうございました。

この経験をいかし、国体や今後の剣道に繋げていきます。ご声援いただきありがとうございました。

12

3

4

2017年7月18日 (火)

【ヒューマンライツ】甲田文化センターミューズにて活動報告

7月16日(日)甲田文化センターミューズにて、「人権講座」が開かれ、ヒューマンライツ部6人が活動報告を行いました。

テーマは「ハンセン病問題から学ぶ」。後藤泉稀さん(5年/高2)が中1の時に書いた人権作文「No!と言える強い心を持つ~ハンセン病問題から学んだこと~」(法務大臣賞)をもとに制作された映画「こんにちは金泰九さん」も上映。その後、ことし2月、広島で開催された人権フォーラム、および5月、岡山で開催されたハンセン病市民学会総会で行った「私たちのハンセン病問題」のプレゼンを行い、会場のみなさんと共に、「生きる意味」を考えました。このような貴重な学習の場を与えていただきましたことに対し、主催者の方々、会場にお出でいただいた方々に心より感謝いたします。

Img_0903

Img_0920

【高校剣道部】第63回中国高等学校剣道選手権大会 結果報告

6月16日(金)~18日(日)の3日間に山口県立下関武道館において「第63回中国高等学校剣道選手権大会」が行われました。本校から個人男女5名・女子団体が出場しました。結果は以下の通りです。

≪結果≫

■男子個人

・網田 廉(6年):初戦敗退

 

■女子個人

・藤原果歩(6年):2位

・谷本晴香(5年):ベスト32

・石原有優美(5年):ベスト32

・三浦千怜(5年):二回戦敗退

 

■女子団体

予選リーグ敗退(2位)

一試合目:盈進○3-1●山口鴻城(山口)

二試合目:盈進●1-2○横田(島根)

 

優勝まで後一歩ではありましたが、藤原果歩さんが女子個人2位という素晴らしい結果を残してくれました。一回戦から決勝まで集中し、藤原さんの良さが光る堂々とした試合内容でした。

また保護者の方々やOB・OGの方々をはじめ多くの方々がご来場くださり、背中を押すご声援いただきました。本当にありがとうございました。

本大会は6年生にとって最後の公式戦であり、結果的には悔しい思いをしていましたが、心身ともに成長した6年生を誇りに思います。今後はその6年生の姿を追い、ともに精進してきた5年生が中心となっていきます。まだまだ微力ではありますが、楽しみなチームです。

今後とも温かいご声援の程、よろしくお願い致します。

1

2

3

4

2017年6月20日 (火)

【ヒューマンライツ】竹原市人権センターにて活動報告

先般6月15日(木)竹原市人権センターにて、「人権講座」が開かれ、ヒューマンライツ部19人が活動報告を行いました。

テーマは「もう誰にも自分と同じ思いをさせてはならない~私たちの東日本大震災、核廃絶署名活動、ハンセン病問題~」。会場約50人。大きくうなずきながら聞いてくださる方、涙を流して見入ってくださる方、いっしょに手話をしてくださる方・・・大変ありがたい光景がありました。「仲間と共に、自分たちで調査・研究、実践し、自分たちで考えてきたことを、他者にもわかるようにまとめて、自分たちのことばで発信する」。このような貴重な学習の場を与えていただきましたことに対し、主催者の方々、会場にお出でいただいた方々に心より感謝いたします。

Simg_8387

Simg_8463

Simg_8601

Simg_8763

Simg_8867

Simg_8871