2020年2月20日 (木)

【放送部】と【ヒューマンライツ部】 人権シンポジウムで活動

29日(日)、広島市の国際会議場(於:フェニックスフォール)で「ハンセン病問題に関するシンポジウム~人権フォーラム2020in広島」(主催:厚労省、広島県)が開かれ、放送部の金田いつきさんが総合司会を務め、ヒューマンライツ部員とOG25人が、会場約500人を前に、プレゼンテーションを行いました。OGで早稲田大学1年の後藤泉稀さんはパネルディスカッションの最後に、「差別・偏見をなくすために私たち市民が連帯しましょう」と会場に呼びかけ、大きな拍手に包まれました。

共に活動した「HIV人権ネットワーク沖縄」の仲間たち、関係者のすべてのみなさまに心より感謝申し上げます。(なお「HIV人権ネットワーク沖縄」の仲間たちとは、8日に松山で、11日に鹿児島(肝付)でもいっしょに活動しました)

Simg_5355

Simg_5479

Simg_5551

Simg_5648

Simg_5687

Simg_5745

Simg_5789

Simg_5813

Simg_5857

Simg_5871

Simg_5921

Simg_6587

【ヒューマンライツ部】 福岡県筑紫地区の人権集会で発表

125日(土)、福岡県春日市(於:クローバープラザ)で人権集会が開かれ、ヒューマンライツ部員6人が、会場約1000人を前に、被災者交流、核廃絶署名活動、ハンセン病問題学習、地域ボランティア(ホロコースト記念館ガイド案内含む)等々を報告しました。参加者のみなさんが熱心に聞いてくださり、また、いっしょに手話をして下さり、惜しみない拍手を何度もいただきました。貴重な学習の場を提供してくださいました主催者の筑紫地区人権同和教育研究大会のみなさまはじめ、関係者のすべてのみなさまに心より感謝申し上げます。

Simg_3278

Simg_3317

Simg_3334

Simg_3346

Simg_3365

Simg_3409

Simg_3420

Simg_3453

2020年2月10日 (月)

【高校バドミントン部】第1回広島県高等学校バドミントン学年別大会/3位入賞

2月8日(土)に男子はびんご運動公園、女子は安佐南区スポーツセンターで「第1回広島県高等学校バドミントン学年別大会」が行われました。

【入賞】

第3位 槇原彩優・濱田想

 

日々の練習の結果がこのような形で表れ、大変嬉しく思います。

4月の春季福山地区大会に向け、精進してまいります。

Img2845

Img2852

2020年2月 5日 (水)

【高校サッカー部】FFA コメンシップ2020

 2月1日(土)に福山サッカー協会主催の「FFA コメンシップ2020」が開催されました。コメンシップとは、この一年サッカー競技において活躍した選手を表彰する会です。本校の山本一星君(高3)が表彰されました。山本君は、福山地区春季総合体育大会優勝に貢献しました。またキャプテンとして約70名もの部員を引っ張ってくれました。

 これから次のステージに進みますが、持ち前の真面目さ・勤勉さで活躍してくれることを信じています。

Img_0235

Img_0236

2020年2月 4日 (火)

【放送部】中国大会 結果

2月2~3日の二日間、島根県で中国地区高校放送コンテストが開催されました。

結果を報告いたします。


アナウンス部門 準優勝 金田いつき(4B)


アナウンス部門では、与えられた時間内に作成した原稿を発表します。

審査では、発声・滑舌・イントネーションの正確さには加え、この原稿作成能力が求められる、非常にレベルが高いコンテストとなっています。


金田さんは中学校から放送部に入部し、原稿作成能力・表現力を磨いてきました。

いまでは、全校集会をはじめとして、ほとんどの行事で司会を担ってくれています。


今後も全国大会出場を目指して、練習や番組制作に励んでいくと力強く語ってくれました。

Img_4402

2020年2月 3日 (月)

【高校剣道】福山冬季大会 結果報告

21日(土)福山葦陽高校体育館にて『福山地区冬季剣道大会』が行われました。

結果は以下の通りです。

 

≪結果≫ ※入賞のみ

◆男子団体

Aチーム(安井・村上・佐藤):優勝

◆女子団体

Aチーム(田村・松葉・ 堀 ):優勝

Bチーム(民宅・前場・森永):2位

Cチーム(上岡・金髙):3位

◆男子個人

・安井一希(5年):2位

・佐藤文哉(4年):3位

◆女子個人

・堀 美桜(4年):優勝

・田村優夏(5年):2位

・松葉ちひろ(5年):3位

・前場 悠(5年):3位

 

寒さ厳しい一日でしたが、目標をもち最後まで全力で挑戦することができました。そして6年生が補助員という立場で運営に携わり、これまでの恩返しとして大会をサポートしてくれました。また多くの保護者の方が会場に足をはこんでくださり、ご声援をいただきました。多くの方々に支えられ、自分たちが活動できていること、その環境があることを忘れず、感謝の心をもって今後とも精進していきます。

ご声援いただきありがとうございました。

S1

S2

S3

S4

2020年1月27日 (月)

【高校バドミントン部】福山地区高等学校バドミントン1・2年生大会/3種目で優勝

1月25日・26日に男子は福山工業高校、女子は明王台高校で「福山地区高等学校バドミントン1・2年生大会」が行われました。学校対抗戦はなく、個人戦のみの大会です。 結果として、1年生シングルス・ダブルス・2年女子ダブルスで優勝トロフィーを持ち帰ることが出来ました。 4月の春季大会に向けて、また力をつけていきます。

保護者の皆様、ご声援ありがとうございました。

 

以下、入賞生徒を紹介します。

 

◆1年生

○男子ダブルス

  第5位:棗田昂明・中嶋海晴

  優勝:内田丈晴・金尾陽飛

○男子シングルス

  第5位:内田丈晴

  優勝:金尾陽飛

○女子ダブルス

  第5位:馬場梨里花・平川陽菜

  第3位:青木さくら・廣江莉子

○女子シングルス

  第5位:廣江莉子・馬場梨里花

◆2年生

○男子ダブルス  

  第5位:横山凌玖・奥村太一

○女子ダブルス  

  第5位:金島理子・幹戸陽菜/濱田想・槇原彩優  

  優勝:瀧口楓・生藤千絵

○女子シングルス

  第5位:幹戸陽菜・濱田想・槇原彩優

  準優勝:瀧口楓

Photo

Photo_2

 

 

2020年1月21日 (火)

【ヒューマンライツ部】1月19日(日)「切明千枝子さん 出版記念・卒寿を祝う集い」に参加

ノーモア・ヒバクシャ継承センター 第14回例会および「切明千枝子さん 出版記念・卒寿を祝う集い」に参加

  広島国際会議場内の研修室にて、上記集会にヒューマンライツ部7名と、作原愛理さん(18年度卒)、池田風雅君(19年度卒)(何れも広島大学)が参加、切明さんの卒寿と出版をお祝いしました。会には約30名の様々な年齢層の方々が参加し、この度の出版においての意見交換を行ないました。201710月、当クラブ部員が、切明さんから聞き取りを行なった被爆体験を文字起こしし、約3年後、「切明千枝子 ヒロシマを生き抜いて」というタイトルでの出版となりました。意見交換の中で、自分たちが文字に起こす際に、感じたこと、考えたこと、また今後、英訳をしていくにあたっての決意も述べました。会場からは、「若者がこれだけ熱心に被爆者の思いを継承し、平和な世界を築こうとしている姿に負けているわけには行かない。背筋が伸びた。」と、激励も頂きました。90歳となられた切明さん。本の背表紙に、一人ずつ違ったメッセージを記し、握手を交わされました。そのメッセージと切明さんの優しさを世界に発信していくのだと、参加者は決意を新たにしました。原爆投下より75年目となる今、広島平和記念公園内での一室で切明けさん、そして平和を強く願う人々とこうした貴重な時間を過ごせたこと心より感謝いたします。

20200119_134153

20200119_144852

20200119_145034

20200119_151209

2020年1月15日 (水)

美術部

 1月12日(月)、第13回「千田ふれあいとんど祭り」に参加してきました。毎年、とんどのイラストを依頼され、制作させていただきています。今年の干支、「ねずみ」にちなみ、大きいものを4枚、小さいものを8枚、12月の期末試験後から取り組み、仕上げました。とんど祭りの開会式では、作品紹介とあいさつをさせてもらい、とんどの点火も参加してきました。無病息災を願う日本の伝統行事です。その行事に携われることで、貴重な経験をさせてもらうことができました。

Image22

Image11_2Image11_3

Image11

2019年12月23日 (月)

【ヒューマンライツ部】湯田学区人権学習講演会でプレゼンテーション

 12月21日(土)湯田学区人権啓発推進連絡協議会主催、「湯田学区人権啓発講座」にてヒューマンライツ部がプレゼンテーションを行ないました。約90分間のプレゼンテーションの中で、ハンセン病問題から学んだことや、被爆者の叫び、これまで交流を続けている被災地の方々の想いなど、心を込めて伝えてきました。会場には100名を越える地域の方々、また盈進の仲間、保護者の皆様が足を運んでくださり、真剣に耳を傾けてくださいました。こうした場所で活動報告し、自分たちの取り組んでいることを伝える機会が持てていること、何より感謝いたします。会場準備から当日の運営に至るまで、ご尽力頂いた湯田公民館の皆様、会場にお越し頂いたすべての皆様、本当にありがとうございました。

Img_0143_2

Img_0144

Img_0146

Img_0191

Img_0196

Img_0198