« 2017年9月 | メイン

2017年10月

2017年10月16日 (月)

硬式野球部 V! 秋季広島県大会を制す

14日、しまなみ球場(尾道市)にて、秋季広島県高校野球大会(第129回秋季中国地区大会県予選)決勝戦が行われ、盈進が広島国際学院高校を8-2で降し、優勝しました。63年ぶり3回目の優勝です。10月27日からしまなみ球場などである中国大会に進みます。中国大会は、来春の「センバツ(90回記念)」出場校を決める際の重要な選考資料となります。決勝戦のようすは以下のとおり。

盈進は1回、4番佐山君のタイムリーヒットで1点を先取。2回は下江君、清水拓君の長短打などで3点、3回は3連打で2点を追加。上下位打線とも振りが鋭く序盤で6-0と大差をつけた。9回は浜岡君のタイムリーヒットで2点を加点。投げては、下江君が6回1失点の好投。要所を相手の三振や凡打で切り抜けた。継投の浜岡君の粘投も光った。声もよく出た笑顔が絶えないゲームで、ベンチとスタンドも一体となってつかんだ優勝でした。

これからも毎日、そして一戦一戦、文武両道、感謝の心を忘れず、勉学にも励み、仲間と共に、地道に、そして謙虚に努力します。今後ともかわらぬご指導ご鞭撻、ご声援を何とぞよろしくお願いいたします。

01_3

02_2

03_2

04_2

05_2

06_2

07_2

08_2

09

10

11_2

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21_3

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

2017年10月11日 (水)

【高校サッカー部(女子)】第9回ふくやまフットサル大会

10月9日(月)に福山市体育館にて「第9回ふくやまフットサル大会」が行われました。結果は以下の通りです。

≪結果≫

予選リーグ1組

対 府中TAM-S cha2

4-2勝利

 

対 バイエルンツネイシ白

5-1勝利

 

対 FANTASISTA

4-2勝利

 

対 モンキーズ

4-1勝利

 

決勝戦

対 府中TAM-S gya2

3-3(PK1-3)敗退 

 

和気あいあいとした雰囲気でフットサルを楽しませていただき、ボールを蹴ることの楽しさを、更に感じることが出来た1日になりました。

決勝戦で敗退してしまいましたが、準優勝となり、生徒たちは初めていただいた賞状に大喜びでした。

福山市体育振興事業団の皆様、大会に参加させていただきありがとうございました。

応援に来てくださった保護者の皆様、多くのご声援ありがとうございました。

P1080328_2

P1080330_2

P1080336

P1080342

【高校サッカー部(女子)】全日本高校女子サッカー大会広島予選

10月7日(土)に広島県立広島皆実高等学校グラウンドにて「第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 広島県予選会」の予選トーナメント決勝戦が行われました。結果は以下の通りです。

≪結果≫
7日(土) 決勝戦 対 広島皆実高等学校
           1-1で(PK7-6)勝利 
得点者:津原


スターティングメンバー
GK 伊豆田
DF 中島・道路・田上・長谷川
MF 得納・坂本・津原・三宅
FW 高野・前原

前半から得点チャンスはありましたがなかなか決めることが出来ず、前半終了際に豪雨と雷で試合が一時中断となり、0-0で折り返しました。後半4分、ハーフラインを超えたあたりから津原がゴール前にロングパスをすると、ボールは濡れた地面にバウンドしスリップしたままキーパーの手をかすめ先制しました。
後半14分、広島皆実高校の10番の選手にエリア内へドリブル突破され、ゴールななめ45度の角度からのシュートが決まり同点に追いつかれました。
勝負はPK戦となり、両チーム5人全員決めサドンデスまでもつれ込み、盈進は7人目まで決め、広島皆実は7人目のキッカーが外したため、盈進の勝利となりました。

PKを蹴った選手(1.道路、2.三宅、3.坂本、4.高野、5.中島、6.長谷川、7.前原)

 

約1ヵ月に渡る予選トーナメントでした。創部2年目、人数は少ないですが、日々声を掛け合いながら練習を重ねてきました。先輩後輩関係なく、チーム一丸となっています。

 

いよいよ決勝トーナメントになります。

10月21日(土)15:00kick off 広島経済大学フットボールパークにて、山陽高等学校と試合です。

遠方まで応援に来てくださった保護者の皆様、多くのご声援ありがとうございました。

P1080205

P1080206

P1080328

P1080330

2017年10月10日 (火)

【中学放送部】NHK杯全国大会で最優秀賞を受賞

東京の千代田放送会館で行われた「第34回NHK杯全国中学校放送コンテスト決勝大会」に中学放送部が出場し、ラジオ番組部門で最優秀賞を受賞しました。

今回制作したラジオドキュメント「どっちでもいい」は、両親の人種が異なる人に対する「ハーフ」と「ダブル」という二つの呼び方について、本人たちはどう思っているのか取材を行い、番組にしたものです。

放送部はこれからも、大切な何かを伝えることを目標に活動していきます。

Img_3336

Ncm_0062